スマホ画面修理について

スマホ画面にヒビが・・。諦めないで修理してみませんか?

MENU

iphone,Android,ひび割れ,金額,液晶,傷

よくありがちな日常でのスマホの画面の修理が必要なシーン

スマホの画面を破損してしまうケースで多いのってどんなの??

 

スマホはガラケーより弱い!?

iphone,Android,ひび割れ,金額,液晶,傷

スマホは、今や日常の友として、朝起きてから寝るまで、肌身離さない人も多いと思います。
そんな常に携帯しているスマホだからこそ、ちょっとしたことで壊してしまったり、破損してしまったりするリスクも高いですよね。

 

皆さんの中にも、スマホの液晶画面などをふとしたことで割ってしまったり壊してしまったりする経験のある人は少なくないのではないでしょうか?

 

スマホの作り自体が、それまでの携帯電話(ガラケー)と比べると、液晶画面部分が大きく、折り畳み式でもないので絶えず画面が剥き出しで無防備だという弱点があります。

 

ですので、それまでのガラケーのように荒使いで、ラフな取り扱いをしていると、いつの間にか液晶画面部分にヒビが・・・。
なんてことをよく聞く話です。

 

泣く泣くショップに行って修理に出すというケースは皆さんも周囲で見聞きしたことが多いと思います。

 

スマホは構造上、取り扱いを慎重にしなければすぐ破損する製品なのです。

 

 

 

スマホを破損する典型的なパターンの考察

 

では、日常、どんな時にスマホを破損してしまいがちなのでしょうか?

 

まず多いのは、「ポケット(尻や胸の)にスマホを入れてるせいで破損」というパターン。
これは、男性に圧倒的に多い破損パターンのようです。

 

シャツやスーツなどの胸ポケットに入れていて、うっかりしゃがんだ際に床にスマホを落としてしまい、画面が割れたりヒビが入ったりというパターンは日常で最も多い破損のパターンだそうです。
また、胸ポケットに入れていると、トイレで立ちあがる際に、ストンと便器に落としてしまい水没→故障というケースも少なくないそうです。

 

尻ポケットの場合の破損で多いのは、財布のように尻ポケットにスマホを入れたまま座席に座ってしまい、スマホに全体重がかかって乗ってしまったために、液晶画面が割れたり、本体自体が変形して壊れてしまったりといったパターンが多いようです。

 

次に多い破損のケースとしては、「水気に無頓着でスマホをいじる人」です。
このケースは、スマホに限らずガラケーも壊してしまいがちなパターンです。
完全防水仕様の製品なら問題ありませんが、基本的にスマホのような精密機械の端末は水気は厳禁です。

 

このパターンの破損は女性に多く、キッチンで洗い物など水をいじっている濡れた手で、LINEやSNSをやったりして本体に水分が侵入→システムダウンというパターンです。

 

iphone,Android,ひび割れ,金額,液晶,傷

 

この他に多い日常スマホを壊してしまうケースとしては、「乱暴に扱う、投げる癖がある人」などです。

 

特に、外出先などから部屋に帰った際などに、服を着替えるのと同じ感じで、ソファーやテーブルにスマホをポンと投げた際に、画面にヒビが入って破損してしまったという報告例も意外に多いようです。

 

一度、そういう目に遭うと、扱いは慎重にしようと学習するのが普通ですが、やはり性格はなかなか治らないので、挙動が乱暴な人は、何回もスマホの画面にヒビを入れてしまった、というパターンも多いようですね(笑)。

 

iphone,Android,ひび割れ,金額,液晶,傷

 

スマホの修理が必要な場合にまずすべきこと

実際にスマホを修理しないといけないときは、まずどうしたらいいの??

 

スマホの画面にヒビが入ってしまったら、まずなすべきことは?

 

スマホの液晶画面部分は、意外と日常でもすぐ割れたりしてしまいがちです。
ここでは、うっかりスマホの画面を破損したり、ヒビを入れてしまった際にどうすれば良いか、まず何をしとくべきか?を考察していきたいと思います。

 

うっかり床に落としたり、尻ポケットに入れたまま下敷きで踏んづけてしまったりして、スマホの液晶画面にヒビなどが入ってしまったら・・・

 

まずなすべきことは、画面にヒビは入っているけど、操作自体は問題なくできるか?それとも、操作に支障が出ているのか?を確認することです。

 

後者の、画面にヒビが入って破損しているだけではなく操作自体にも支障がでてしまった場合には、自分で何とかできるようなレベルではないので、プロである業者に任せるのが最も賢明です。
なのでこのケースは一旦置いておきます。

 

前者の、画面にヒビは入っているけど、操作自体には支障が出ていなくて、問題なくスマホが前と変わらず扱える場合には、まずなすべきこととして、「必ずバックアップを取ってください」ということ。

 

iphone,Android,ひび割れ,金額,液晶,傷

 

液晶画面が割れたりヒビが入った場合には、しばらくは応急処置的に使うとしても、いずれは修理しなくてはなりません。
その際に、程度にもよりますが、最悪、全部交換つまり新品ととっかえるケースも多いに考えられます。
そうした場合に、バックアップを取ったデータがあれば、スムースにとっかえる新品にデータの引継ぎを行うことができるのです。
逆に、バックアップを取っていないと、今までの大事なデータがハードウェアと一緒に全部失われてしまいます

 

バックアップの取り方は、iPhoneとAndroidスマホではそれぞれ違うので、確認して正しい操作に従ってください。

 

画面だけでなく操作が効かない状態に破損してしまったらプロへ依頼

 

上で述べたように、スマホの画面にヒビが入っただけで済む破損なら、応急処置を自分でする方法は幾つかありますが、画面だけでなく、操作自体が効かなくなってしまった、というような破損の場合には、専門家に依頼するしか手はありません。

 

スマホを購入した契約している携帯電話会社のショップに持っていくのも一つの手段

 

他には、こういったスマホの破損の修理を専門にしているプロの会社に頼むという手段もあります。

 

イースターモバイル株式会社のようなネットセキュリティーとデータ復元・復旧を専門としている会社に頼めば内部が激しく破損して、データが失われた場合などにも、対応して、元通りにスマホを復旧してくれます。

 

またこの会社はネットセキュリティーの第一人者的存在であり、IT専門弁護士も付いているので、個人情報の取り扱いも細心の注意を払っていて安心安全です。

 

本体自体が破損してしまった場合には、こうした信頼できる修理業者に頼むと良いでしょう。

 

iphone,Android,ひび割れ,金額,液晶,傷

スマホの修理を各キャリアに頼んだ場合の目安(au・ドコモ・ソフトバンク編)

スマホが画面が破損してしまってショップに修理を頼む場合、キャリアごとに違ったりするの??

 

一口にスマホといっても、機種はざっくり2分してiPhoneかAndroidスマホかのどちらかですよね。
しかし、機種だけではなく、どこの携帯電話会社(キャリア)のものを使っているかで、破損や故障した際の修理のシステムや料金などは違ってきます

 

以下、キャリアごとに細かく見ていきます。

 

au

iphone,Android,ひび割れ,金額,液晶,傷

auのスマホを使っている人は、まず保証サービスシステムであるサポートに加入しているか否かで、料金等が変わってきます。
auには『安心ケータイサポートプラス』と『安心ケータイサポートプラスLTE』の2つのサポートプランがあり、スマホユーザーはこのどちらかに加入している人が多いです。

 

このサポートのいずれかに加入していれば、破損した場合には、契約3年以上なら最初の破損では3000円(3年未満なら5000円)、2回目の破損では6000円(3年未満なら8000円)を自己負担として支払えば、リフレッシュ品(新品)と取り換えることができるようになっています。

 

このサポートに加入している場合には、ネットで専用ページから24時間いつでもリフレッシュ品との交換を申請することができます。
故障した端末を送れば、僅か2日でリフレッシュ品が届くので、画面にヒビが入っていて操作に問題がなければ、自分でバックアップを取り、データの移行を行ってから破損した端末を送ると良いでしょう。

 

サポートに加入していない場合には、修理費用は「全額自己負担」となってしまいます。
その場合には、auショップへ持っていき預かり修理をしてもらうことになりますが、実費になるのである程度の出費は覚悟しなくてはいけません。

 

 

 

ドコモ

iphone,Android,ひび割れ,金額,液晶,傷

ドコモのスマホを使っている人は、『ケータイ補償サービス』というスマホと携帯電話(ガラケー)の修理保証サービスがあり、これに月額を収めて加入していれば、7500円の自己負担で、リフレッシュ品(新品)と交換ができ、また部分的な修理も最大5000円の自己負担額で行うことができます

 

更に、このサポートとは別に、「ドコモプレミアムクラブ会員」に登録している会員なら、購入後3年間は、無償で、修理を受けることができます

 

尚、これらの『ケータイ補償サービス』にも加入しておらず、「ドコモプレミアムクラブ会員」でもないユーザーは「全額自己負担」となります。
こちらも実費になるので、ケースバイケースですが、かなりの費用を考えておいた方が良いでしょう。

 

ソフトバンク

iphone,Android,ひび割れ,金額,液晶,傷

ソフトバンクのスマホを使っている人は、『あんしん保証パック』および『あんしん保証パックプラス』というサポートシステムがあります。
これらに加入しておけば、いずれのサポートでも、「外装破損時の修理代金が90%割引き」されます

 

つまり、修理費用が実費で50000円かかったとしても、これらの保証サービスに加入していれば、自己負担は5000円で済むということです。

 

修理を申し込むことも、リフレッシュ品(新品)との交換を申し込むことも可能なので、ケースバイケースでどちらの方がより良いかを自分で判断する必要があります。

 

サポート未加入の場合には、他のキャリア同様、「全額自己負担」(実費)となります。

 

iphone,Android,ひび割れ,金額,液晶,傷

スマホの修理を各キャリアに頼んだ場合の目安(Y!mobile・SIMフリースマホ編)

三大キャリア以外のスマホの場合でも、スマホの画面破損や故障した時の修理のサポートとかあるの??

 

前項では、スマホをうっかり壊してしまった場合の修理や取り換えに関するサポートや保証サービスのシステムについて
日本のいわゆる【三大キャリア】ので携帯電話会社について見てきました。

 

ここでは、それ以外のキャリアについても探っていきたいと思います。

 

Y! mobile

iphone,Android,ひび割れ,金額,液晶,傷

三大キャリア以外の、いわゆる格安キャリアの代表格、Y! mobileのスマホではどうでしょうか?

 

Y! mobileのスマホユーザーにおいては、月額690円の『故障安心パックプラス』や月額500円の『あんしん基本パック』、及び『あんしん保証サービスプラス』という故障に対する保証サービスのサポートがあります。
これらに加入できるプランは、そのスマホの機種ごとに変わるので契約する際にキチンと確認しておく必要があります。

 

ちなみに、破損した場合の自己負担額はその機種及び、機体の損傷具合によって変わります。

 

格安を売りにしていますが、これらのサポートのプランに加入していない場合には、破損した場合の修理費用が「全額自己負担」の実費になるので、いずれかの保証を受けられるプランに加入しておくべきでしょう。

 

 

SIMフリースマホ

 

更に格安でシェア拡大中なのがSIMフリースマホです。
SIMフリーのスマホユーザーがうっかり画面を割ったりヒビが入ったりした場合は保証されるのでしょうか?

 

残念ながら、SIMフリーのスマホには、保証サービスなどのサポート体制がありません
ですから、原則としてSIMフリースマホを使っている人は、破損した場合には「全額自己負担」になると思っていてください。

 

一般的には、SIMフリーが壊れてしまった場合には、まずその機種のメーカーに問い合わせて修理するにはどうすれば良いのか指示を仰ぎます

 

キャリアのサポートプランに未加入または格安SIMユーザーの場合のオススメ

 

ここまでキャリア別の、スマホが故障・破損した場合の保証サービス等のサポートの受け方について紹介してきましたが、それらのサポートのプランに未加入であったり、最後に紹介したSIMフリースマホユーザーのような基本的にサポート体制が存在しないスマホユーザーの場合には、他にベストな修理先はないのでしょうか?

 

オススメな修理依頼先があります。
イースターモバイル株式会社の携帯・スマホ復元・復旧サービスです。

 

ここでは三大キャリアはじめあらゆるキャリアのスマホに対応しており、その修理、復元、復旧内容も「全データの復元」「パスワードの解析」「携帯電話・スマホの物理的故障の修理」と万能に対応しています。

 

解析・診断料金は定額であり、復元・復旧・修理費用は成果報酬制なので安心です。

 

iphone,Android,ひび割れ,金額,液晶,傷